肩関節周囲炎①|40肩・50肩・肩関節周囲炎ってなに?

【宇都宮で50肩専門】40肩と50肩と肩関節周囲炎の違いってなに?

40肩と50肩って同じなの?
そもそも、どのような状態のことを言うの?

当記事は、このような疑問を解決します!


肩が痛い時や肩が上がらない時、「これって50肩?」と思うかもしれません。
実際に、そもそも50肩ってどのような状態なのかを知らない方も多いようです。
もし、本当に50肩なら、どのような状態かを知ることが最速で治る近道でもあります。

40肩と50肩と肩関節周囲炎はどれも同じ

結論から言いますと、40肩と50肩と肩関節周囲炎はどれも同じ

呼び方が違うのは、ニックネームと本名との違いです。

特に、病院では診断名を出さなければならず、正式には“肩関節周囲炎”と言われます。

ただ、会話の中では、“40肩”“50肩”が出てくることも多いですよね。

五十肩は200年以上前に作られた言葉

1797年に発行された江戸時代の国語辞典(俚言集覧)には、「人五十歳はかりの時、手腕、関節痛む事あり、程過ぎれば薬せずして癒ゆるものなり、俗にこれを五十腕」とあります。

まさに、「肩を中心に強い痛みが生じ、徐々に大きく動きを制限させられる状態」が200年以上も前の江戸時代から伝えられていたのです。

2020年を過ぎた現代では、40代〜50代だけではなく、20〜30代の青年者や70代の団塊の世代の方まで幅広く“50肩”になっている状態で、年齢が関係なくなりつつある印象です。

40肩と50肩と肩関節周囲炎の絶対的な条件

40肩と50肩と肩関節周囲炎の状態で、絶対に生じる条件があります。

その条件とは、『炎症』です。

40肩と50肩と肩関節周囲炎は、必ず炎症が生じています。

もし、炎症を伴わない肩の痛みでしたら、40肩と50肩と肩関節周囲炎とは言えません。

炎症が治まれば最速で治る

40肩と50肩と肩関節周囲炎には、必ず炎症を伴っています。

炎症があるため、3つの回復手順を踏んで治ると言われています。

第1期:炎症期
第2期:拘縮期
第3期:回復期


40肩と50肩と肩関節周囲炎は、治るために1〜2年はかかると言われてしまいます。

しかし、これは、あっているようで間違ってもいて、しっかりと対応できれば2週間で治る方も多くいます。

もちろん、もともと軽症の方と重症な方や既往歴の問題もありますが、対応の仕方で最速で治ってしまう事も多いのです。

そして、最速で治る秘訣は、第1期:炎症期の対応にあります。

第1期:炎症期を最速で改善することが最重要

40肩・50肩・肩関節周囲炎は必ず、『炎症』が生じるとお伝えしました。

たかが『炎症』、されど『炎症』です。
実はこの『炎症』は長いと半年以上続いて、慢性炎症になってしまいます。
もし、『炎症』が半年以上続くと、その間に肩の運動範囲が小さくなってしまいます。

長くて辛い『炎症』がようやく治まったと思ったら、全く肩が動かない。
なんてことにならないよう、最速で『炎症』を治めたいです。

炎症で生じる3つの状態

・夜中に痛みで目が覚めてしまう
・痛い側の肩を下にして寝られない
・何もしていなくてもジンジン痛い


上記3つが当てはまれば、炎症状態と言えます。
したがって、半年経とうが1年経とうが上記3つが当てはまれば第1期:炎症期の段階。

もし、上記の状態が出始めたら早く対応して、最速で治めなければなりません。

当記事を読み炎症期だと分かったあなたはぜひ、こちらの記事をご覧いただきたいです。
さらに、ご不明な点や心配な点はふたば整体院アロマに教えてください。しっかりとお伝えさせていただきます。

40肩と50肩と肩関節周囲炎の違い|まとめ

結論、40肩と50肩と肩関節周囲炎は、どれも同じ。

ニックネームか本名かの違いだと思っていただければ間違いないです。

その違いはないことが分かったけど、肩の痛みや動きにくさで本当に苦しまれている肩は、最速で治す方法が知りたいのだと思います。

当記事では、『炎症』という特徴的な状態を早く治めることが大切で、それが唯一最速で治すポイントだとお伝えしました。

さらに、具体的な回復手順については【50肩②|50肩は3つの流れで改善する】で説明します。
肩で苦しみお悩みのあなたが、少しでも気が楽になれたら嬉しいです。

当院では、最速で根本から改善するために準備しております。
心配な事や不安な事、なんでもご相談ください。一緒に解決していきましょうね!!

>Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております

Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております