変形性膝関節症と水の医学的な関係|繰り返さない水の抜き方を解説

膝に水がたまって注射をしているが、繰り返している感じがする。

膝に水がたまった原因は、変形と言われたけどよく分からない。

このようなお悩みを解決します。

宇都宮の整形外科で膝の水でお悩みのあなたへ

・宇都宮市の整形外科で、変形性膝関節症だと言われた。

・膝の痛みと水がたまっていて、階段や立ち座りが大変。

・注射で抜くも繰り返してしまい、変形が原因だから仕方ないと諦めそう。


まず、変形性膝関節症だから水がたまることはありません。

反対に、水がたまるから変形性膝関節症になることが正しいです。

:水がたまる→変形性膝関節症
❌:変形性膝関節症→水がたまる
 

そして、水がたまっても注射を使わずにとることができます。

変形性膝関節症と水との関係、水がたまる根本の原因についてしっかりとお伝えしますね。

水がたまると変形性膝関節症になる

よく膝に水がたまると言うけど、この水ってなに?

水とは、滑液という潤滑液のことだよ!
本来は、膝の関節を滑らかにしてくれる役割があるけど、過剰にたまると動きにくさや痛みを出すこともあるんだ。

水の正体は、膝の動きに必要な潤滑液です。

さらに、軟骨へも栄養供給してくれるような、なくてはならない存在。

「だったら水がたまると、潤滑液が多くなって、膝の動きも良くなりそうじゃん!」と思いそうですが、その真逆です。

膝の潤滑液がたまるほど出てしまうと、軟骨を溶かすような物質が出てしまうのです。

軟骨が溶かされると、膝の関節が狭くなる、いわゆる変形性膝関節症という状態になります。

水がたまる原因は膝の炎症である

水がたまると、軟骨も溶かして、膝の動きも悪くして、変形性膝関節症まで作ってしまうと分かりました。

本当に恐ろしいですよね。
そもそも、なぜ水がたまってしまうのでしょうか?

それは、炎症を抑えるためです。

水と膝の炎症との関係とは

火事になると、火を最速で鎮火するために水をかけます。

膝も同じような状態で水がたまります。

膝の周りの組織(関節包・関節上嚢・関節下脂肪体)が何らかの原因で傷つき、炎症がおこると、冷やして鎮火させて治めてあげるのです。

もし、膝の周りの組織(関節包・関節上嚢・関節下脂肪体)の傷が治り、炎症がなくなれば、水は必要がなくなり消えてくれます。

膝の炎症と水・変形の因果関係

①膝の炎症→②膝に水がたまる→③膝の軟骨が溶ける→④変形
 

水は悪者ではなく守ってくれている

・水がたまると動きにくい

・水を抜いてもクセになるのが嫌だ

当たり前の話ですが、膝に水がたまると嫌ですよね。

ただ、水は本当は悪者ではなく、守ってくれる必要な存在です。

そもそもの原因は炎症で、炎症を冷やすために水が出るとお伝えしました。

もし、水がでなければ、炎症による痛みが増えて、動けなくなってしまいます。

注射で水を抜くと繰り返してしまう理由とは

おれは、注射で水を抜くと繰り返しちゃうと聞いたぞ!

確かに、私は2週に1回で水を抜いているわ!
その場ではスッキリするのよね。

水を抜いても繰り返すとは、膝の悩みをお持ちのあなたなら、一度は聞いたことがあるかもしれません。

確かに、水を抜くとその場ではスッキリします。

しかし、生活しているとすぐに、水がたまってくるということを繰り返してしまうのです。

これには、理由があって、注射で水を抜くから繰り返すのです。

注射で水を抜いてはいけない理由が、2つあります。

注射で水を抜いてはいけない2つの理由

①注射でさらに傷を増やす可能性があるため
②根本の原因は水ではなく、別のところにあるため

注射は傷を増やして悪化させる可能性がある

先ほど、水がたまる原因は、膝の組織が傷つき炎症を起こしているためだとお伝えしました。

注射で水を抜くのは、膝の組織で傷ついているところに注射をすることになります。

すでに傷ついているのに、注射がによって更に傷ついてしまうと、ますます炎症が強くなる可能性があります。

もし、膝まわりが痛み・腫れている・熱っぽいなどの炎症の可能性がある場合は、注射ではない方法で水を抜きましょう。

その方法は、最後の当院の改善方法でお伝えします。

根本の原因は水ではない

水がたまる原因は、膝の組織が炎症をおこしているためだとお伝えしました。

もし、水だけ取っても、膝の組織が炎症を起こし続けていたら、すぐに水がたまってしまいます。

水を最速でスッキリと取り除くには、原因である炎症を治めなければなりません。

根本原因である炎症を治めるためには、2つのアプローチを中心に行う必要があります。

炎症を治める2つのアプローチ

①骨盤・足の関節へのアプローチ

②膝の関節へのアプローチ

 

当院では、水がたまる根本の原因を改善して、再発をさせないことが大切なことだと考えます。

その場しのぎではなく、根本から改善して、スッキリした気持ちで毎日を送っていただきたいです。

炎症を治める2つのアプローチについては、次に説明していきます。

膝の水に対するふたば整体院アロマの改善方法

膝の水を注射で抜くと、繰り返す可能性が高くなる。

その理由は、2つ①注射でさらに傷を増やす可能性があるため②根本の原因は水ではなく、別のところにあるためだと、先ほどお伝えしました。

繰り返す可能性がある膝の水に対して、繰り返さないための改善方法は、二段構えで行います。

膝の水に対する改善方法

①水を手で直接抜く

②根本原因である炎症を治める

 

膝の水を手で直接抜く



①注射でさらに傷を増やす可能性があるためという問題に対して、手で水を抜くことは傷つける心配がとても低くなります。

具体的に手で水を抜く場所は、2カ所です。

手で水を抜く2つの場所

・関節上嚢(お皿の上の袋)

・関節下脂肪体(お皿の下の柔らかい組織)

 

手で膝の水を抜く技術にはコツがありますが、ざっくり説明しますと、関節上嚢(お皿の上の袋)と関節下脂肪体(お皿の下の柔らかい組織)の動きをよくして、水を散らし吸収させるように施術します。

当院は、医学(解剖学・運動学・生理学)に精通しているからこそ、得意な方法とも言えます。

根本原因である炎症を治める

膝にたまった水だけ抜いても、根本原因が改善しなければ、繰り返すことになります。

膝の炎症の原因は2つあり、膝自体と膝の周りです。

炎症を治める2つのアプローチ

①膝自体に対し:膝の関節へのアプローチ

②膝の周りに対し:骨盤・足の関節へのアプローチ

①膝自体に対するアプローチ

膝の関節が滑らかに動かないために、周りの組織に負担をかけて炎症を起こしてしまいます。

特に2つの関節が、膝の組織の炎症に関係あります。

膝自体にアプローチするべき関節

・膝蓋大腿関節(お皿の動き)

・脛骨大腿関節(膝の曲げ伸ばしの動き)

 

お皿の動きは、あらゆる方向に自由に動けるのかを確認。

膝の曲げ伸ばしは、関節の軌道に沿って動けているのかを確認。

膝周りの環境を整えることは、膝の水を治めるために必須のことです。

②膝の周りに対するアプローチ

膝の周りに対するアプローチは、大きく2つあります。

膝の周りに対するアプローチ2つ

・腰の関節(腰仙関節・腰椎椎間関節・股関節)

・足の関節



膝の周りで最も影響の大きい場所は、です。

例えば、しゃがんだり・立ち上がったりするときを想像すると、必ず腰と膝がセットで動きます。

腰と膝は同時に曲がるし、腰と膝は同時に伸びるといった具合です。

腰の関節で曲げ伸ばしをする動きに制限ができると、一気に膝へ負担がきます。

そのため、腰の関節(腰仙関節・腰椎椎間関節・股関節)をしっかりと確認し改善することが大切です。

さらに、膝の下にある足の関節も、影響します。

足の関節は、腰ほどの大きい動きは出ませんが、連動して動くため、しっかりと確認する必要があります。

関節といっても、自身では動かせない細かい関節が根本原因であり、アプローチ対象になります。

当院は、医学に基づいたAKA(関節運動学的アプローチ)を利用した安全な施術を行います。

従来の炎症には薬・筋肉の硬さには筋膜リリースといった方法しかありませんでした。

是非、当院の医学に基づいた高い技術で、根本からの改善を目指しましょうね。

変形性膝関節症と水の関係:まとめ

大切なことは、膝の水は繰り返さずに取れます。

しっかりと、手で施術をすると改善するので、安心してください。


一般的には、変形すると水がたまりやすくなるというイメージがあるようです。

しかし、実際は、水がたまると変形しやすくなり、結果として変形性膝関節症になる。

そして、水がたまる原因は、炎症
この炎症を冷やし治めるために、水がジャブジャブ出てきます。

そして、炎症が起こる原因、この問題の根本原因は2つあり、膝の周りの関節(骨盤の関節・足の関節)と膝の関節(お皿の関節・膝の曲げ伸ばしの関節)です。


水を手で散らして吸収させ、炎症の原因の関節の動きを改善することで、しっかりと膝の状態は良くなります。

水がたまって、どこにいくのも億劫だったあなたが、スッキリと歩けて買い物もでき、旅行にも行けるよう、お手伝いができれば幸いです。

宇都宮市宝木本町にあるふたば整体院アロアは、いつでもお力になる準備をしてお待ちしております。

ご予約は、TEL:070-3872-2085 mail:futaba.seitai.aroma@icloud.com にてよろしくお願いいたします。