腰椎椎間板ヘルニア③|ヘルニアで痛みが出ない理由について

【宇都宮で腰椎椎間板ヘルニア専門】ヘルニアと痛みって関係がない!?

腰椎椎間板ヘルニアでは、痛みとしびれを伴う。
一般的には常識と言ってもいいほど、当たり前の考えかもしれません。
どうしても腰椎椎間板ヘルニアと痛みは、セットで考えてしまいます。
わたしは理学療法士として大学で4年勉強して国家資格を取得しましたが、当時は腰椎椎間板ヘルニアでは痛みが出ると思っていました。
しかし、病院に就職して、腰椎椎間板ヘルニアの患者様をみているうちに違和感に気づきます。
最初は、腰椎椎間板ヘルニアの手術をした後なのに、痛みが取れていない患者様が多すぎることでした。
その違和感を解決したいため、医学書や諸外国の文献を読んでいくと、腰椎椎間板ヘルニアと痛みは関係がうすいという事実が多く書いてありました。

もし、あなたが痛みにお悩みで腰椎椎間板ヘルニアのせいだと思っていたら、ぜひ当記事をご覧ください。
最速で痛みがなくなるための最初のきっかけになることを祈っております。

腰椎椎間板ヘルニアでは痛みが出ない3つの理由

腰椎椎間板ヘルニアの手術をしても痛みがあり続ける方や健康な人がMRI検査するとたまたま腰椎椎間板ヘルニアになっている事実を経験すると、ヘルニアと痛いの関係に疑問が出てきます。
この疑問を少しでも解決してくれる、腰椎椎間板ヘルニアで痛みは出ない理由3つを医学的に説明します。

・健康な人でもヘルニアがあるという研究:参考4:Boos N1, Rieder R, Schade V, Spratt KF, Semmer N, Aebi M,(1995),Volvo Award in clinical sciences. The diagnostic accuracy of magnetic resonance imaging, work perception, and psychosocial factors in identifying symptomatic disc herniations,2613-25

健康な人、つまり痛みやしびれなどの症状がない人がMRI検査すると、76%に腰椎椎間板ヘルニアがあった。


・神経の圧迫で痛みが出ないという研究:参考7:J.A.McCulloch・E.E.Transfeldt,(1999),Macnab 腰痛 原著 第3版,医歯薬出版
人体実験として、神経の圧迫をしたけど痛みやしびれは出ないで、感覚の麻痺が出ただけだった。
・神経の症状で痛みはでない:神経生理学の学問
神経生理学的には、腰椎椎間板ヘルニアで神経の症状は3つ出る。
それは、運動神経麻痺と感覚神経麻痺と馬尾神経麻痺。
運動神経麻痺:体を動かすことができない
感覚神経麻痺:感覚を感じることができない
馬尾神経麻痺:尿や便のコントロールができない

以上3つの理由から、もしあなたが腰椎椎間板ヘルニアだからと手術をしなければいけないと思われていたら、その必要はないかもしれません。
ただ、腰椎椎間板ヘルニアの全てが安全ではなく、ごく数%は手術が必要な場合があります。(ヘルニアで手術が必要な特徴について)
腰椎椎間板ヘルニアの不安が少しでもある場合は、ふたば整体院アロマにご相談ください。
全力で対応させていただきますので、なんとか治しましょうね!

>Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております

Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております