首の症状②|頸椎椎間板ヘルニアについて

【宇都宮で頸椎椎間板ヘルニア専門】首の痛み・しびれを改善する整体

ヘルニアとは、飛び出すことを言います。
頸椎とは首の骨で、椎間板とは頸椎の間のクッションのことです。
したがって、頸椎椎間板ヘルニアとは、首の骨のクッションにあるカタマリが飛び出すという意味です。

頸椎椎間板ヘルニアの症状

首や肩や腕の痛み・しびれがあり、整形外科でMRI検査をすると、頸椎椎間板ヘルニアが発見されることがあります。

頸椎椎間板ヘルニアの安心できる症状

実は、痛み・しびれの症状では頸椎椎間板ヘルニアと関係が薄く、関節や筋肉の施術で改善することが多いです。
したがって、首や肩や腕の痛み・しびれでお悩みの方は、辛い症状ですが当院の施術でしっかりと改善するため安心です。

頸椎椎間板ヘルニアの危険な症状

一方、手術をする必要がある症状は、麻痺症状です。
首の骨の間にある椎間板というクッションからカタマリが出て、脊髄という神経を圧迫すると神経が働かなくなります。
脊髄の神経は、主に運動神経と感覚神経の2つに関係します。
運動神経が働かないと、腕や手が動かなかったり筋肉が萎縮したりします。
感覚神経が働かないと、腕や手を触っても感じられなかったり目をつぶると自分の腕や手の場所が分からなかったりします。

宇都宮の病院での治療

頸椎椎間板ヘルニアと診断されると、保存療法から始まります。
保存療法とは、牽引や電気や温熱などの物理療法・ロキソニンやリリカなどの薬物療法・ストレッチや筋トレなどの運動療法などが主に行われます。
保存療法で良くならないと最終的に手術しかないと言われ、不安や心配に襲われる方も多いです。

頸椎椎間板ヘルニアに手術は条件

麻痺症状が出ている場合は手術が必要と言われます。
したがって、手や腕が動かなかったり触った感覚が分からなかったりする場合は漫然と保存療法を行うことは危険です。
レントゲン画像では頸椎椎間板ヘルニアかどうか分からないため、MRI画像で診断されましたら、麻痺症状と合わせて整形外科医と話し合いながら治療方針を考える必要があります。

頸椎椎間板ヘルニアで手術してはいけない症状

首や肩や腕の痛み・しびれの場合は、手術をしても良くならないことが多いです。
頸椎椎間板ヘルニアでは、首の間にあるクッションのカタマリが飛び出て神経を圧迫することで痛み・しびれが生じると説明されることがあります。
もし、カタマリが神経を圧迫して痛み・しびれを出しているなら、手術をしてカタマリを取り除くことで痛み・しびれがなくなるはずです。
しかし、実際に手術が成功しても痛み・しびれの後遺症に悩まされる方は圧倒的に多いです。
最近の医学では、頸椎椎間板ヘルニアの状態が痛み・しびれを出すわけではなく、別の原因があることが言われています。

痛み・痺れの本当の原因は関節・筋膜

頸椎椎間板ヘルニアは、神経が圧迫されることで痛み・しびれが生じると説明されることが多いです。
しかし、先ほどお伝えしたように、手術で神経の圧迫を治しても、痛み・しびれが改善せずに悩まされてしまい、痛み・しびれの原因は別にあると分かってきています。

頸椎椎間板ヘルニアが原因と言われがちな痛み・しびれの本当の原因は、首の骨(頸椎)の関節の動きが悪くなることや首に繋がる筋膜の滑らかさの障害です。
MRI画像で頸椎椎間板ヘルニアが発見されても、関節・筋膜へのアプローチで痛み・しびれは改善していきますので、お早めにご相談ください。
関節・筋膜への根本原因を解決するアプローチは早ければ早いほどスムーズに改善します。
反対に、しばらく薬で様子見をしていたとか、ストレッチや体操をして拗らせてしまったとかでは、関節・筋膜の状態が悪化して痛み・しびれも増悪している方がたくさんいらっしゃいます。

頸椎椎間板ヘルニアと言われ、辛い痛み・しびれでも改善するので大丈夫です。
どのような些細なことでもお話しいただき、最速で改善するお手伝いをしたいです。



>Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております

Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております