痛みと加齢

宇都宮で「痛みと加齢の関係なく」治る整体

お医者さんから「あなたの痛みは加齢のせいですね」と言われると諦めそうになるかもしれません。
しかし、実際は痛みと加齢は関係ないので大丈夫です!

痛みは年齢に関係なく生じる

頭痛、首の痛み、肩の痛み、ひざの痛み、腰痛などつらい痛みは様々です。
これらの痛みは、加齢が原因ではありません。
実際に、40歳で痛みが出る方もいれば70歳で痛みが出る方もいます。
ご近所に80歳でピンピンしている方もいれば、40代で全身お辛い方もいるのではないでしょうか?
当記事をご覧のあなたは、もしかしたら20代でつらい痛みにお悩みかもしれません。
こんな風に、年齢=痛みとは言えないのです。

痛みの原因と年数が関係する


痛みは年齢を重ねたから生じるのではなく、痛みの原因が発生してからの年数が関係します。
例えば、20歳で痛みの原因が発生したら20年後の40歳ではつらい痛みに悩まされているはずです。
痛みの原因が発生しなければ、20歳でも40歳でも60歳でも痛みが出ることはありません(ケガや骨折や内臓疾患を除いて)。
痛みの原因が発生しなければ何歳になっても痛みがなく、元気に生活できます。
もし、痛みの原因が発生しても、その原因を治してしまえば痛みがなく生活できるようになります。

2つの痛みの原因

痛みの原因は、大きく2つあります。
・関節の軌道がずれる
・筋膜の滑らかさが悪い


関節の軌道と筋膜の滑りは、どちらも手でしっかりと触り動きを確認しなければなりません。
痛みの原因ではあるのですが、残念ながらレントゲンやMRIなどの画像ではわからないです。
したがって、病院ではレントゲンやMRIなどの画像を撮り、ハッキリと原因が分からない。
その結果、原因が分からないから加齢のせいだと言われて、様子をみてくださいと言われてしまいます。

加齢のせいだと言われても諦めなくて大丈夫です。
原因を見つけ出してもらえずに、なんとなく年齢のせいにされている症状は当院がお力になれます!
しっかりと原因を見つけ出して、なんとか痛みから解放されましょうね。