側弯症②|思春期の側弯について

【宇都宮で側弯症専門】思春期側弯症の問題と改善方法

側弯症の女の子

・小学生のお嬢様が側弯症と言われたが経過観察としか言われず心配
・小学校の時に側弯症と分かって年々悪化するとどうなるのか不安になる
このような心配があるあなたへ、側弯症の危険と改善方法をお伝えいたします。
しっかりと対策をして改善することで、不安や心配がなくなる方が多いです。

側弯症の違和感

側弯症は小学校の検査で発見されることが多いですが、一番近くにいるお母様が発見されることもあります。
・肩の高さが違う感じがする
・骨盤の高さや出っ張りに左右差がある
・走ったり泳いだりすると曲がりやすい
・偏った姿勢が楽そうで歪んでる気がする

明らかに左右差があったり、明らかに偏った姿勢であったり、このまま成長したらどうなるの?と心配だけど、何をしていいのか分からない。
そんな漠然とした不安を解消できれば嬉しいです。
病院で医師からは、まだ軽度だから経過観察でいいよと、サラッと言われがちです。
しかし、経過観察なんかではなく、しっかりと予防をしたほうが間違いありません。

側弯症の3つの問題

側弯症は大きく3つ、見た目・運動能力・呼吸機能に問題が生じます。

見た目について

軽度の側弯症では、見た目では気づかれないことが多いです。
ただ、側弯が大きくなると、背中が出っ張る感じがしたり骨盤・肋骨の盛り上がりが生じたり、見た目に変化が現れます。
さらに、思春期の女の子が小学生〜中学生に側弯症を発症することが多いため、おしゃれで薄着になることや水着になることに抵抗を感じてしまうこともしばしば。
せっかくの楽しいはずの時期なのに、側弯が気になって楽しめないということは本当に悲しいため、しっかりと改善を目指したいです。

運動能力について

側弯とは、背骨・肋骨のねじれです。
結果として、関節の動き・筋肉の働きが正常ではなくなることが多いです。
腹筋を含めた腹部の筋肉や背筋を含めた背中の筋肉は、側弯により硬さや不活性化に繋がります。
さらに、側弯による背骨・肋骨の関節が動きにくくなったり、悪い動きの習慣によって制限された動きになると、さらに側弯症自体が悪化してしまいます。
なんとなく運動神経が悪くなったなあとか、うまく動きにくなあと感じられた場合は、筋肉・関節に問題があるかもしれません。

どの筋肉に硬さや不活性化があるか?
どの関節のどの方向の動きが出ていないか?
これらをしっかりと確認して動かしていければ、解消されます。

呼吸機能について

側弯症で重度になるほど、肺と心臓が働きにくくなります。
背骨・肋骨のねじれによって、特に肺活量が低下していきます。
しかし、肺活量が低下するからといって、むやみにランニングや自転車で鍛えればいいかというと真逆です。
背骨・肋骨のねじれによる負担がすでにあるのに、さらにランニングや自転車で負担をかけるとさらに側弯によるねじれが悪化します。
大切なことは、背骨・肋骨のねじれを改善してからランニングや自転車に繋げるという流れが理想です。
順番を正しく行えば、確実にいい方向に進めるため安心です。

側弯症を改善する4つのステップ

側弯の度合いや部位は、一人一人全く違います。
そのため、これだけやればいい!というものはなく、一人一人に合わせたプログラムを作成することが最重要です。

その中でも普遍的な4つの流れがあります。
ステップ1:関節の中の動きが出ているか?(骨盤・背骨・肋骨の関節を1つ1つ確認)
ステップ2:筋膜の動きにくさはないか?(体幹周りの筋膜に動きにくさがないか確認)
ステップ3:習慣的な姿勢の歪みはないか?(真っ直ぐと感じる位置が歪んでいないか確認)
ステップ4:全身の動きが連動しているか?(関節・筋膜が全身で動くことができるか確認)

ステップ1からステップ4については、専門的な観点で確認します。
例えば、ステップ1は関節といっても、骨盤の仙腸関節・腰仙関節が重要で、背骨は椎間関節の軌道を1つ1つ確認します。
筋膜や姿勢の歪みも細かく確認することが大切なため、ぜひ当院にお任せください。
最終的なエクササイズは、ご本人さまとご両親の教育が必要な場合もあるため、一緒に治していけると幸いです。

思春期側弯症について|まとめ

側弯症は痛みが出ないことがほとんどで、少しずつ悪化していくため、ご本人さまの自覚があまりないことも多いです。
だからこそ、周りのご両親もなんとなく運動能力が悪くなった気がすると感じたり、なんとなく身体が歪んでるように見えたりする感覚を大切にしていただきたいです。
少しでも違和感を感じましたら、お気軽にご相談ください。

側弯症は、軽度だと何もせずに経過観察をして、悪化するにつれて装具を使用し、最後は手術と言われます。
医師が問題ないという軽度のうちから、しっかりと習慣化された歪みを改善して悪化しないように目指していけると安心です。
着実にいい方向へいきますよう、当院は全力でサポートをさせていただきます。

>Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております

Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております