宇都宮で整体をお探しの方 070-3872-2085 へ

【五十肩】寝ているときが痛い|薬と湿布が効果ないときの解決方法

とにかく肩が痛い。
家にいる時も痛い。
寝ているときも痛い。
もうどうすればいいの?

当記事では、このようなお悩みを解決する方法をお伝えします。

寝ているときが痛い

五十肩と呼ばれる肩の痛みで一番つらい時期は、寝ているときが痛い時期です。

もし、当記事をご覧のあなたが寝ている時も肩が痛い状態なら、本当につらくて苦しいのではないでしょうか?

「もう、腕なんかいらないから、切り落としてしまいたい。」
「いつ治るか分からないのがつら過ぎて、死にたいときがある。」
「肩が痛くて辛いのに、周りの人は全く分かってくれていない。」

これは、私がお客さまから言われたことのあるお言葉の1つです。

お身体はもちろん精神的にも、五十肩は辛い病気です。

寝ているときが痛い時期は一番つらい時期

五十肩は、3つの時期を経由して治ると言われています。

・第一期:炎症期
・第二期:拘縮期
・第三期:緩解期

五十肩を最速で治すためには、3つの時期(炎症期→拘縮期→緩解期)を早く経過する必要があります。

ちなみに、“夜寝ている時がつらい(夜間痛)”という時期は、間違いなく【第一期:炎症期】の時期。

この【第一期:炎症期】は痛みが強くて、悪化しやすくて、どうすればいいのか分からない時期です。

寝ている時に楽になる方法

病院では、薬と湿布を処方されます。

薬と湿布で痛みが楽になれば嬉しいのですが、効果がないという場合が多いです。

肩の痛みがつらくて病院にいったのに、薬と湿布だけ渡されて、
「様子みてくださいね。」とだけ言われた。

結局どうすれば早く治るの?と悩んでしまいますよね。

そんなあなたに、寝方で気をつけていただきたいポイントが3つあります。

・横向きでは抱き枕を使う
・仰向けではタオルを
入れる
・痛い側下には絶対にならない

横向きでは抱き枕を使う

五十肩になってしまうと、痛い肩を下にすると悪化してしまいます(後述します)。

反対に、痛い肩を上にした横向きの姿勢が最も楽な姿勢と言えます。

痛い肩を上にした横向きの姿勢で、さらに楽になるポイントを1つお伝えします。

横向きの姿勢(痛い肩が上になる)で楽になるポイントとは、抱き枕を使うこと。



抱き枕を使わないと、肩が内側に入って、伸ばされるストレスがかかってしまいます。

その結果、炎症が悪化しやすく、痛みも感じやすくなるのです。

抱き枕を使うことで、肩が内側に入り込むことを防ぎ、肩にかかるストレスを最小限に減らしてくれます。

仰向けではタオルを入れる

仰向けでは、痛い側の肩甲骨の下にタオルを入れます。

【右肩が痛い場合】右の肩甲骨から腕全体の下にタオルを入れる



特に、肩〜腕の前側が痛い方に効果があります。

基本的には、仰向けの姿勢は、腕にとっては楽とは言えません。

その理由は、腕の根元の肩甲骨ー肋骨は、丸くなっているためです。

そのため、タオルで肩甲骨ー肋骨の丸くなっている部分を埋めてあげると、負担が減り楽になります。

痛い側下には絶対にならない

一番痛みが強くて辛い時期は、痛い側の肩を下にすると痛みがさらに強くなります。

【右肩が痛い場合】右肩が下は要注意



ときどき、「痛みを我慢しても寝返りはうった方がいいんでしょ?」とご質問をいただきますが、全くその必要はありません。

炎症している痛みの辛い時期は、いかに痛みを出さないで過ごせるかが大切です。

もし、痛い側の肩を下にして痛みが出てしまうなら、いっさい下にならないことをオススメします。

それが、最速で治癒するポイントです。

寝ているときが痛い|最速で治るためのまとめ

【第一期:炎症期】を改善することが、五十肩を最速で治すポイントです。

そして、五十肩は、お客さまご自身に備わっている力(自己治癒能力)を最大限発揮させることが、最速で治るポイントです。

今回は、お悩みの方が多い“夜寝る時の痛み”に対する対応をお伝えしました。

特に、寝ている時に楽になる方法として3つ

・横向きでは抱き枕を使う
・仰向けではタオルを入れる
・痛い側下には絶対にならない


についてお伝えしました。

これらを徹底することで、備わっている力がグンと上がって、お身体が治りやすい状態になってくれます。

辛い時の合い言葉は、「痛いことはしない!!」です。

もし、気になることがありましたら、ご相談いただければ幸いです。

宇都宮市宝木本町にあるふたば整体院アロマは、無料相談もしておりますので、一度相談だけしたいというお客さまも大歓迎です。

「もう嫌だ!」と苦しくなる肩の痛みと最速でお別れできますよう、お待ちしております!

>Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております

Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております