【背中〜腰の痛み】“立ち上がろうとする時が痛い”の改善方法

立ち上がる時が「イテテッ」てなる。
朝起きた時もスムーズに動き出せない。

当記事は、このようなお悩みの改善方法をお伝えします。

立ち上がる時の背中〜腰の痛みを最速で改善する方法は関節調整

背中〜腰の痛み


背中〜腰の痛みのきっかけは、さまざまです。

・仕事中に転倒、転落して打撲して以来、立ち上がりにくい。
・せき、くしゃみが続いて寝込んでから、立つ時に背中の痛みがある。
・これといった明確なきっかけはないけど、痛みでスムーズに立ち上がれない。


きっかけはそれぞれですが、背中〜腰の痛みで立ち上がれない方の多くは、肋骨下部ー胸椎下部ー腰椎ー仙骨の関節の動きが制限されていることが多いです。

肋骨下部ー胸椎下部ー腰椎ー仙骨の関節の動きが制限されることで、背中〜腰に痛みが生じて、この動きにくさ・痛みから守ろうとして背中〜腰の筋肉の硬さも増えてしまい、悪循環になります。

この悪循環での根本改善は、肋骨下部ー胸椎下部ー腰椎ー仙骨の関節調整です。

肋骨下部ー胸椎下部ー腰椎ー仙骨の関節が正常に動くことによって、背中〜腰の痛みが改善し、結果として筋肉が守ろうと頑張ろうとする必要がなくなり、立ち上がりもスムーズになるという流れです。

次に、医学的にみる、関節と痛みとの繋がりをザックリとお伝えします。

関節の動きが背中〜腰の痛みに繋がる

水色:肋骨ー背骨ー骨盤の関節

関節と痛みの繋がり:関節の動きにくさ→背中〜腰の痛み→背中〜腰の筋肉の硬さ→全身へ悪さをする

・湿布と薬を貼り続けているけどよくならない
・筋肉だけマッサージしてもらってもよくならない
・鍼灸で循環を改善してもらったけどよくならない


これらは、根本原因である関節の動きを改善していないため、しっかりと改善できないのです。

関節の動きにくさが原因にある筋肉の硬さは、痛み・動きにくさから守ってあげようとして筋肉を硬くして頑張ってくれます。

原因が、痛み・関節の動きなのに、その結果として頑張り続けている筋肉だけを緩めようとしても意味がありません(一時的に気持ちよくてスッキリするという意味では効果ありですが、根本解決には全くなりません)。

当院は、AKA(関節運動学的アプローチ)という技術を使用して、関節の動き(量・質)を確認しながら、筋肉の硬さ(医学的に筋スパズムと呼ばれるものの量)を確認して、客観的に検査・測定して施術をします。

この結果、患者さまの主観的な痛み・重さ・動きにくさなどが改善することが多いです。

関節が動きにくくなる原因

立ち上がる時に背中〜腰が痛い。

この痛みの根本原因は、肋骨ー背骨ー骨盤の関節の動きだとお伝えしました。

ここで、よく患者さまから質問されることがあります。

「なんで関節は動きが悪くなるのですか?」
「やっぱり年齢とか運動不足とかですか?」


結論からいうと、年齢とか運動不足は全く関係ありません。

実は、原因は明確には分からないのです。

当記事の最初に、背中〜腰の痛みが出たキッカケに

・仕事中に転倒、転落して打撲して以来、調子が悪い。
・せき、くしゃみが続いて寝込んでから、背中の痛みがある。
・色々、考えられるけど、これといった明確なきっかけはない。


などキッカケはそれぞれとお伝えしました。

関節が動きにくくなる原因は、転倒・転落・くしゃみ・せきを始め、あらゆる状況であり得ます。

医学的な関節の学問でいわれていることは、“1/100秒〜3/100秒の早さの衝撃が関節の動きにくさ・軌道を悪くさせやすい”ことです。

・つまづいて「バンっ」と強く踏み出す時
・「クシュンっ」と大きくクシャミをする時
・「ドンっ」と追突されたときにかかる衝撃の時


「バンっ」「クシュンっ」「ドンっ」という早さが、だいたい1/100秒〜3/100秒といわれています。

このように、きっかけは何かしらあることが多いですが、その結果に生じた関節の動きを改善することが、難しい背中〜腰の痛みを最速で良くするためなので、出来ることに全力で集中していきたいです。

“立ち上がる時に背中〜腰が痛い”意外の症状がでる前に

肋骨下部ー胸椎下部ー腰椎ー仙骨の関節の動きが制限されることで、背中〜腰の動きにくさが出て痛みも生じてしまいます。

ここで、早く関節の動きを改善できればいいのですが、悪化するケースも多いです。

病院によっては、「湿布・薬で様子をみてください」といわれる。

接骨院によっては、「電気・マッサージを続けますね」といわれる。

このように、元凶である関節への施術をなかなか受けられない方も、よくいらっしゃいます。

最初は、立ち上がる時だけの痛みが、朝起きると痛くて動けない

徐々に、腰からおしりから太ももの裏まで痛くなって、ビリビリしてくる

このような、立ち上がる時に痛い症状に加えて、朝起きると痛くて動けない・腰からおしりから太ももの裏にかけてビリビリ痛くなるという状態はお身体が限界を超えて悪化している可能性が高いです。

できれば、このような症状が出る前に最速で改善して、痛みのない自由な毎日に戻りたいと思います。

【背中〜腰の痛み】“立ち上がろうとする時が痛い”の改善方法

何らかのきっかけで、背中〜腰の痛みが生じる。

特に、立ち上がろうとすると「イテテっ」となるような症状。

元凶は肋骨ー背骨ー骨盤の関節の動きで、関節の調整によって、痛み・筋肉の硬さは改善することが多いです。

・湿布、薬で様子見てるけど効果なし
・電気、マッサージではなく根本的に改善したい
・体操、ストレッチ、運動はしてるのに良くならない

このような特徴は、関節が原因であることが多いです。

悪化すると、朝起き上がるのも辛くなり、おしりから太ももまでビリビリ痛みがでる症状も出ることがあります。

もし、不安な症状や心配な症状がありましたら、お気軽にご相談ください!
一人でも多くの方が痛みがないスムーズで自由な毎日を過ごせますよう、サポートさせていただきたいです。

>Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております

Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております