③当院の考え|手術を回避する

宇都宮で「手術を回避」できる整体

手術をしないといけないかもしれないと考えてしまう理由。
・レントゲンで変形が見つかったから
・整形外科でお医者さんから言われたから
・病院に通って薬や注射で痛みが治まらないから
・MRIで椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症があったから
など様々な理由があるかと思います。

一方で不安や心配も怖いのではないでしょうか?
・手術をしても痛みが取れないかも
・手術に失敗して松葉杖や車いす生活になるかも
・できれば体にメスを入れずに生涯をすごしたい
などいろいろな思いがあるかと思います。

手術では痛みが残ることが多い

痛みを取りたくて手術をしたけど、痛みが残る。
・首や腰のヘルニア手術後:坐骨神経痛が残る
・変形性股関節症の手術後:股関節の痛みが残る
・変形性膝関節症の手術後:ひざの痛みが残る
・脊柱管狭窄症の手術後:腰まわりの痛みが残る

あなたが手術をする目的は“痛み”が取れることではないでしょうか?
痛みのせいで歩きにくいし、階段もつらいし、生活に支障をきたしている。
痛みが治ることで、劇的に生活が快適になります。
しかし、残念なことに手術で痛みが取れるとは言えないのが現実です。

手術が成功しているのに痛みが取れない理由

「手術は成功しました」
こう言われても、実際に痛みが改善しておらず、手術後も痛みに悩まされている方が多いです。

当院にいらっしゃるお客様で手術後にも関わらず、辛い痛みが残っている場合があります。
痛みが治ってないのに、お医者さんから手術が成功したと言われて、困惑されている方がほとんどです。

お医者さんが成功しているという理由は、構造的な問題が解決したため。
お客様が一番お困りのことは、“痛み”が残っていること。

実は、最新の医学では“痛み”の原因は構造的な問題ではないことが分かってきています。

例えば、ヘルニア(脊髄の圧迫)によって痛みが出ることは少ない。
そのため、ヘルニアの手術をしても痛みが残ってしまうことが多いです。

手術した後にこんなはずじゃなかったとならないためにも、担当医には、どれくらいの期間でどれくらい良くなるのかを詳細に聞くべきです。
そこで、あいまいに答えられてしまう場合は、手術を施行することは心配です。

手術を回避したい、手術をしなければいけないか不安、手術後もつらい症状が残っている。
そんなあなたは、ぜひお気軽にご相談ください。
痛みから解放されてスムーズな日常生活を送れますよう、しっかりとお力になりたいです。

なぜ当院の整体で手術を回避できるのか?

痛みは、頭痛・首痛・肩の痛み・背中の痛み・腰の痛み・ひざ痛・足の痛みと全身に生じます。
この痛みに対して、薬や湿布やマッサージで改善しない理由は、原因を改善できていないためです。
痛みは、関節・筋膜が原因にあり、血管・リンパ・神経に影響を与えて生じるものです。
長引く痛みにお悩みで、しっかりと根本の原因から治したいあなたのご来院を心よりお待ちしております。

>Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております

Instagramではお知らせやイベント情報など随時更新しております